B型肝炎って?


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎給付金の制度にはどのような特徴があるのでしょうか。B型肝炎はテレビやラジオのCMで知られるようになりましたが、まだに知らない人もいます。今回はB型肝炎給付金制度について説明します。

注射器B型肝炎が感染した経路のなかに幼少期に受けた集団の予防接種の際による注射器の連続使用があり、この集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染されたと認められる人達が国に対して損害賠償を求めて起こした訴訟で平成18年の判決により国の責任が認められました。

この判決から同じような判決が全国で起こりましたが、裁判所仲介の下で和解協議を進めた結果、国と弁護団と原告団の間で和解の要件や内容を決めた合意が決まり、そこから対象者に給付金が支給されるながれになりました。

そのようなことから裁判の手続きは簡潔になり、給付金の4%相当の金額が弁護士費用として国からも支給されるようになります。そのため裁判を起こす負担も減り、給付金を受け取りやすい環境が揃っているのです。

B型肝炎は平成24年から平成34年までの10年間のみ裁判の簡素化が行われています。B型肝炎のウイルスに持続感染した対象者は45万人と推定されていることから、自分が対象者だと感じたら検査をするべきだといえます。