どんな法律事務所を選ぶべき?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士実際に自分がB型肝炎だと判明した場合、それ以外にも母子感染の恐れがある場合にはどのように対応すればよいのでしょうか。また、どのような弁護士事務所に相談すればよいのでしょうか。弁護士事務所の選び方について説明します。

今まで裁判をしたことがない人はとくに法律事務所についての知識がありません。実は法律事務所ごとに得意分野や苦手分野があり、専門の分野を決めていなくても刑事事件が得意な弁護士事務所があれば、債務整理な弁護士事務所があるなど色々な分野の得意・不得意な分野があります

B型肝炎の訴訟に関しての弁護士事務所の探し方はB型肝炎訴訟の実績がある弁護士事務所をお勧めします。B型肝炎の訴訟は、もう国が責任を認めていて補償内容などが定められている和解の手続きです。そのため必要書類さえ揃ってしまえば勝てる裁判になることから、場数を踏んでいる実績の多い事務所にすることをお勧めします。

このように弁護士事務所ならどこでもいいというわけでなく、親身になって話を聞いてくれるところや実績の多い事務所を選ぶようにしましょう。同じような事務所で悩んだ場合には弁護士費用が安い方にすることによって、よりお得に給付金を受け取ることが出来るでしょう。

給付金が貰える流れとは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎で給付金が貰えることを知っていても、給付金がもらえるまでの流れがわかっている必要があります。実際に給付金を貰うまでの流れはどうなっているのでしょうか。

まずは電話やメールなどで法律事務所などに連絡をして相談することが大切です。また無料説明会などを実施している場所もあります。無料でB型肝炎についての話がきけるので積極的に参加するのがよいと言えるでしょう。

書類そして必要な書類を準備します。給付金請求に必要な書類は専門的なものが多く、担当スタッフが親切丁寧にわかりやすい状態で書類の収集方法を説明してくれます。必要な書類を準備するアドバイスなども行ってくれるので、法律に詳しくない人でも安心して書類の準備ができるでしょう

そして給付金の請求が可能だと弁護士により判断された場合に、給付金を請求するための訴状を作って和解手続を行います。裁判所に自分が行く必要がないので非常に簡単です。また自分の病状に応じて和解調書が作成され、給付金を受け取ることができます。

このように裁判をしたり必要な書類を集めるためには専門的な知識が求められることがあります。そのことから弁護士に相談することが早期解決のポイントです。

B型肝炎って?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎給付金の制度にはどのような特徴があるのでしょうか。B型肝炎はテレビやラジオのCMで知られるようになりましたが、まだに知らない人もいます。今回はB型肝炎給付金制度について説明します。

注射器B型肝炎が感染した経路のなかに幼少期に受けた集団の予防接種の際による注射器の連続使用があり、この集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染されたと認められる人達が国に対して損害賠償を求めて起こした訴訟で平成18年の判決により国の責任が認められました。

この判決から同じような判決が全国で起こりましたが、裁判所仲介の下で和解協議を進めた結果、国と弁護団と原告団の間で和解の要件や内容を決めた合意が決まり、そこから対象者に給付金が支給されるながれになりました。

そのようなことから裁判の手続きは簡潔になり、給付金の4%相当の金額が弁護士費用として国からも支給されるようになります。そのため裁判を起こす負担も減り、給付金を受け取りやすい環境が揃っているのです。

B型肝炎は平成24年から平成34年までの10年間のみ裁判の簡素化が行われています。B型肝炎のウイルスに持続感染した対象者は45万人と推定されていることから、自分が対象者だと感じたら検査をするべきだといえます。

B型肝炎の給付金はどうやってもらう?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎特別措置法で、対象者には給付金が支給されることになりました。給付金が対象される範囲は推定で45万人と言われています。実際に自分や家族が対象者の場合はどのようにして給付金を受け取ることができるのでしょうか。

mail給付金を受け取る流れについて説明します。まずは電話やメールで弁護士事務所に相談をしましょう。給付金を受け取るためには自分1人で必要書類を準備して裁判を起こすことも可能ですが、専門的な知識が必要なことや色々な書類が必要な観点から自分だけで全てを行うのは難しいと言えるでしょう。

そこから必要書類を準備しますが、その時にも必要書類が多くあり、集めるのに苦労することから担当スタッフや専門家の手助けが必須になるでしょう。必要書類が集まったら裁判を起こし、国と和解して給付金を受け取る流れになります。弁護士に任せてしまえば裁判に行く必要はありません。

弁護士事務所はどのように選べばいいのでしょうか。じつは弁護士事務所によっても、離婚問題に詳しい弁護士事務所や債務整理に強い弁護士事務所があり得意分野が違います。そのため弁護士事務所を選ぶ時にはB型肝炎の訴訟実績がある事務所にするようにしましょう。もしも同じような事務所がたくさんある場合には、なるべく安い成功報酬のところにすることでお得に給付金を受け取ることができます。

このサイトではB型肝炎給付金の説明、給付金を受け取る流れ法律事務所の選び方について説明しています。困っている人の参考になれば幸いです。